フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 45回防府読売の参加資格 | トップページ | ロング走後の補食 »

2014年2月22日 (土)

ソトニコワ

西もも@の興味はほぼ,明日のアルペン回転に集中してます。

実はあまりフィギュアには興味がないです。

が,採点方法にとても興味があったので何冊か本を読んだりして,ジャッジの心理面へのアプローチも大きいのだと知りました。

国籍・人種・コーチ・振り付けなどの背景を知れば知るほど,日本の浅田選手は旧体制のシステムを背負ったままの気がして。

開催前,娘に「お父ちゃんは誰が勝つと思う?」と言われて

「ん~,やっぱりキム・ヨナ。よーく人生考えて,電卓叩きながら4年過ごしたからなぁ。真央ちゃんはプレッシャーで前半ミスで自滅かな・・・・。」と予言。

その通りでした。

メディアも僕達一般の人たちも,やはり彼女を擁護したいので優しいコメントになりますが,やはり4年前からネックだった精神面での弱さは克服できなかった。

フリーの最後の涙は,いろいろ解釈出来るでしょう。

本人は何をあの瞬間思ったのかなぁ。

西もも@はキム・ヨナ選手の,ジャッジや採点方法をよく研究したうえでの勝ちに「すげえな,さすがプロだよな」と思ってます。

金のロシア選手は,完全にホームのご褒美,白人選手へのご優待得点の気がするので,実質的にはキム・ヨナ連覇ですね。

ほとんどの日本人は「よくやったね!」でしょうが,個人的には,浅田選手,あれではイカンと思います。

環境的には最も恵まれた部類の,フィギュアの日本代表選手ですからね。

アルペンやスノーボード,ジャンプやクロスカントリーはかなりの劣悪な支援環境で戦ってます。

ほとんど自費でWCを転戦して,オリンピックだってかなり私費を投じて参加の種目がほとんど。
(ボードなどは,X-Gamesなど賞金大会にに出ているほうが,オリンピックより儲かっていたりする)

浅田選手,日本人ならではのプレッシャー大変だったと思いますが,僕はよくやった,とは思えない。

こだわるのはいいけれど,それで相殺したものも多かったですね。

実質的にはプロフェッショナルなんだから。

スポーツ選手の「旬」がある。

フィギュアなら,前回大会のキム・ヨナや高橋,それ以前の荒川静香。

今回の羽生。

・・・・・と言うのに税金はかかりません。
憤慨された方,ご容赦を。

個人ブログですけん,正直に書きます。


« 45回防府読売の参加資格 | トップページ | ロング走後の補食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/55088057

この記事へのトラックバック一覧です: ソトニコワ:

« 45回防府読売の参加資格 | トップページ | ロング走後の補食 »