フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 1年生から6年生まで揃うとけっこう壮観 | トップページ | 歯科医院好き »

2014年4月 8日 (火)

ランニング向けイヤホン,次なる相棒は?(笑)

Dsc_0262

ランニング向けのイヤホンを求めて日々彷徨う西もも@。

長距離使っていると痛むのも早く,ゴム部分を換える以前に断線とかも多い。

消耗品と割り切っているが,今回購入してみたコイツはいい感じ!

CKP500(audio-technica製)
http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2234

たまたま家電店に入った時目について購入してみたが,この「FREEBIT」構造は絶妙に耳の形にはまり,カナル型なのにペースを上げても汗をかいても落ちない。

ゆっくりジョグのみならいいが,ある程度ペースを上げて長い距離を行動する時にはカナル型は汗で滑ってしまい,行動後半で入れ直すのがとってもストレスなのだ。

なので基本的に耳掛け式を使うのだが,メガネのツルが耳に当たる感覚なので快適だとは言い難い。

実はこの日,bluetoothでwalkmanから音を飛ばしたり,携帯から着信をイヤホンで聞いたり出来ないかと思って探しに行ったのだが,10000円近くするのでこの日は断念。(それならスマートフォンで全てカバーすればいいのだが,計時や軌跡記録はちゃんと分析したいし,音質の関係で音楽は国産ポータブルを使いたい)

有線式イヤホン,テクニカ製は基本的にハズレがないので,色々買ってみても結局最期はテクニカに落ち着いている。

もちろん資金が潤沢にあれば,ゼンハイザーに手を出したいですよっ!
http://www.sennheiser.co.jp/

先日まで愛用していたCKP200。下の写真の可動部分(ボールペンで指している部分)が馬鹿になり,ズレるばかりになりストレスが溜まっていた。

Dsc_0264

今回試しに買ってみたけど,CKP500いいですよ。

内耳に入れる部分も,耳介に固定する部分も全てSMLの三種類,イヤーピースに関しては外部の音を聴きやすいものも入れてあり,かなり調整出来る範囲は広い。

ドライバー φ8.8mm
出力音圧レベル 100dB/mW

ここも注目。100dBはこの手の安いイヤホンのひとつの指標になる。

音質はかなりマイルド,中音域が押し出される感じ。

ドンシャリではないので,テクノとかには向かないかもね。

千円札数枚で買えるものとしては,音質はさておき,悪くない買い物でした。

Dsc_0265

ただし問題が一つ。

装着感は今までの製品の中ではかなりいいのですが,コード擦れ音がやや大。

今後,束ね方などを工夫してみてまた報告します。


« 1年生から6年生まで揃うとけっこう壮観 | トップページ | 歯科医院好き »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

西ももさん、気にかけていただきとても嬉しいです。
コメントはどうぞご自由にお使いください。
1点追加です。

・仮眠について:寒い夜に毛布をかぶって仮眠したら走り始めるのがかなり困難になると思うので、仮眠は暖かい昼間にした方がよいかもしれません。昼間でしたら、晴れていればエードステーションでなくてもコースの脇の落ち葉の上とかでも快適に昼寝できそうです(実際そうされている方を数名見かけました)。

清宮さん

ランナーズアップデートで見てましたよ。
オカエリナサイ!

宣言通り,休憩を適宜取りつつも休みすぎず移動されていて
「けっこう自分をコントロール下に置いているな」と感じて
いたのですが,いかがですか?

参加者の方々のログを見ていると,今年はキツかったのかな?

こればかりは自分も経験してみないと分からない世界ですね。
だって,12時間以上移動した経験はないですもん,西もも@。


ところで,くつしたさん
このコメント,記事に格上げしていいですか?

UTMF走ってまいりました。38時間半ほどの道中でした。人によって見解が違うかもしれませんが同じ時計回りだった1回目よりズーッときつかったです。次回参加される方にもしかしたら参考になるかもしれないことを以下したためます(すみません人のブログを勝手に、、、)。

・スタート:たぶん渋滞が予想されたのでスタート時には前方にいて、第一エードまではずいぶん飛ばしました。そのおかげで大きな渋滞に巻き込まれることはありませんでした。

・服装:腰の部分にポケットがあるモンベルのサイクルジャージを着ました。ポケットはエードの食料を詰め込んだり、手袋などの小物をしまうのに便利でした。バッグを背負いっているのでポケットの揺れは気になりませんでした。下は普通のアンダー付ランパンでした。

・食料や水:食料は緊急時用にエネルギーバーを2個保持したのみで、エードでほぼすべての食事を賄いました。水分は650mlのボトル2個を常時携帯しましたが、好天の天子山塊を含むエード間で650mlを使いきることはありませんでした。エードではボトルにはスポーツ飲料を入れてくれます(ハイドレーションにスポーツ飲料は入れてくれません)。

・寒暖:夜はだいぶ寒く、基本的にモンベルのバーサライトジャケットを常時羽織っていました。一方、今回は天候に恵まれ、朝から夕方にかけては半そで短パンでOKでした。

・コース:天使山地を終えてから大きなピークが複数(3回ぐらい?)あり、毛無山を通過した第1回目よりだいぶきつかったです。このきつさには、私のコース把握の甘さに伴う精神的な負担も大いに寄与しているように感じました。

・休憩について:1回目は十分すぎる仮眠をしたので、今回は一切仮眠せずに走ってみました。結果は、多分仮眠は適度にした方が良さそうです。仮眠なしの影響は最終エイド鳴沢以後の11㎞にもっと強く表れ、この区間は歩くのもままならないほど眠くて何度も立ち止まり、ゴールまで走るという単純な目的が分からなくなる程に意識が異常になりました。

まとめのようなものを記しますと、順位を厳しく追及しないのであれば、必携品を揃えてエードごとに適度に食事/食料調達し、適度に休むことで充実した時間を過ごせるように思います。

西ももさんはいよいよ来年でしょうか?よいレースになりますように。

こちらこそ♪

ワタシも5月に入ったら、10月12月へ向けて
起動します。

西ももさん、お返事ありがとうございます。ウルトラマラニックお疲れ様でした。娘さんたちも良い経験をしたようで何よりです。

品が良いなど滅相もなく、私の音楽の志向は行儀の悪いつまみ食いの様な感じです。

言葉を大事にしておられるであろう西ももさんにはラジオ文芸館(http://www.nhk.or.jp/bungei/)はとてもお勧めです(NHKはトップがめちゃくちゃですが現場の人にはこれからも頑張っていただきたく)。

そうなんです、UTMFちょうど一週間後になりました。今年はエードステーションでなるべく休まずにできるだけ動き続けようと思っています。1回目の最後の食事エードででたトマトベースの鹿肉カレーが今年もでますように。

村岡や氷ノ山でもし機会があればまたお話しできればうれしく思います。

清宮さん

なんか,とても品のいい音楽志向で・・・・・・西もも@恥ずかしいデス。

色々割り切ると片耳もありですなぁ。

西もも@はロングの時に3時間ほど使いますので(普段は使わない),摩擦などの影響も大きいです。

清宮さん,近づきましたね。
納得の道中をお祈りします。

私は音質は全く度外視で以下のBluetoothワイヤレスヘッドセットをiPod touchと組み合わせて使っています。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00DDMT21K/

通信がどちらかというと不安定で、音質はおそらくかなり悪く、使用時間は短く、長時間使い続けると耳が痛くなるなど欠点は多いように思いますが、録音したラジオ番組(ラジオ英会話、FMシアター、ラジオ文芸館、ラジオマンジャック、クラシックの迷宮など)を1時間ほどのランニング中に気軽に聴くという私の主目的にはよくあっていて重宝しています。防水機能は宣伝の通り高いようで、何度かシャワーを浴びながら使いましたが今のところ壊れていません。

片耳装着というのも私には好ましい特徴です。もし何かの参考になれば幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/55672464

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング向けイヤホン,次なる相棒は?(笑):

« 1年生から6年生まで揃うとけっこう壮観 | トップページ | 歯科医院好き »