フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 【実録】2014 村岡ダブルフル100km⑥ | トップページ | 【実録】2014 村岡ダブルフル100km⑦ »

2014年10月13日 (月)

EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較③

Sf810

EPSONがだんだんノッてきましたな。

SF-810

http://www.epson.jp/products/wgps/sf810b/

心拍トレーニングには興味あるけど,あのベルトがキライという御仁に朗報か。

心拍センサーを埋め込んでしまったらしい。

HRM稼働させて20時間バッテリーが持つなら,これも次回は候補かな。

ロングトレイルなんかだと,ペースなんかGPSで計測しても仕方ないしね。(ログを残しておきたい欲求のためだけになりそう)

個人的にはGPSの初期捕捉スピードと計測精度が気になります。(内臓のデータ処理プロセスと精度のほうが景況するそうですが)

西もも@の場合,GARMINでもSUUNTOでもHRM使っておりますが

GARMINは旧式の硬くて横に長いセンサーベルトでした。

SUUNTOは小さな丸いセンサーなのでほとんど気にならず。

それでも汗かくと多少はズレておりました。

GPSなしでHRMセンサーを埋め込んだモデルは以前国内マイナーメーカーで見たことがありましたが,大手日本メーカーが出すSF-810は買う人も安心ですね。

センサー感度を気にする人もおられるでしょうが,既発メーカーだってそもそもかなりアバウトな計測みたいなので,さほど気にする必要はないかもです。

特に計測し始めはかなり誤差がありますし,トンデモナイ価が出ます。

気になるなら,装着するときに身体とのコンタクト面を濡らしてから使うといいそうですが,冷たいもんね。

ま,そこまでして僕ら素人が誤差にこだわる価でもないですわな。

でも,心臓気にしてトレーニングはいいですよ。

ダラダラ走らなくなります。

かといって,激しく追い込めばいいのでもないことも分かってきます。

ピークトレーニングだけでは耐久系スポーツはダメ。

昔サブスリー狙って20kmくらいの4:00ペースばかりやって,最後は瞬間3分台,ってのを繰り返してましたが,これって失速練習みたいなもんだな,と。

今は強度を下げて,30~35を繰り返すほうが失速を避けられることも分かってきました。

« 【実録】2014 村岡ダブルフル100km⑥ | トップページ | 【実録】2014 村岡ダブルフル100km⑦ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/57658175

この記事へのトラックバック一覧です: EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較③:

« 【実録】2014 村岡ダブルフル100km⑥ | トップページ | 【実録】2014 村岡ダブルフル100km⑦ »