フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« ランニング【タイツ】 | トップページ | 半代休 »

2015年1月19日 (月)

negative split

昼食時に読んでいてちょっと気になった記事,というより,「そうだよなぁ」と思ったのでちょっとシェア。

Negative Reinforcement

Running negative splits is a highly effective training and racing strategy.

http://www.runnersworld.com/race-training/negative-reinforcement?cid=NL_TrainingExtra_1874074_10142014_RunaNegativeSplit

誰だってそういうカッコ良い展開をレースでしたいものです。

普段から意識してトレーニンしていればいいんだよという,元は2003年頃の記事の焼き直し版。

・放っておいても,通常のランはnegativeになっている(往復だと後半の方が通常は早い)

【レースでは】

・アドレナリンが出まくって速くなってしまうので,ゴール時の設定タイムより最初の1マイルをユックリスタートする。

・ハイペース入りを防ぐためには,先頭ラインの集団より後ろからスタートする

【速いペースで終わる練習】

・元全米1500チャンピオンRegina Jacobs(現在40歳)

・毎日のランの中で「速いペースで」走り終わる練習をする

・年齢が上がれば上がるほど,スピードワークが重要

・100mでもいいから,毎回のラン最後をレースペースで終わる,あるいはレースペースで走る区間を作る。


・身体がそれを覚え込むことになる

【例】(30分)

・ウォームアップ>マイル当たり1分上げる>5km維持できるペース>最後の1マイルをペースアップ(?)

・距離は気にしなくていいので,前半より後半ペースアップすることから始めたら,それは立派なnegative splitトレーニング

「ビルドアップ」すりゃあいいじゃん,ですが,実はちゃんと設定してビルドアップするのは難しいものです。

まずは「前半より後半の方が速い」程度でいいんだよ,らしいです。

インターバル走でも,全て揃えるか最後数本は上がるくらいがいいのでしょうね。

西もも@はフルだと比較的イーブンペース展開が多いのですが,加齢とともにやっぱり今回のコラムのように,速い動きを身体に覚えさせないといけないな,と思うのであります。(だから,インターバル,とかゼイハアしようとは思いませんが)

以前は毎回のように最後をペースアップして終わっていましたが,怪我を警戒してココ数年はペースダウンかWで終わることが多くなったなぁ。

まあ,これは集団でなくて独りでも十分実行可能です。

脚が治ったら,徐々にもう一度取り組んでみましょう。

その方が逆に壊れにくい強い身体になりそうな気がします。

歳もとったし,速い身体より粘り強い身体。

合掌。

« ランニング【タイツ】 | トップページ | 半代休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/58638510

この記事へのトラックバック一覧です: negative split:

« ランニング【タイツ】 | トップページ | 半代休 »