フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2015愛媛マラソン 何とか無事完走・・・・・ | トップページ | Dose of Jogging and Long-Term Mortality »

2015年2月 9日 (月)

初,愛媛マラソン感想【2015】※ちょっと長い

Dsc_0930
(後ろは松山城っす)

レース展開はショボイ内容なので,完走記はありません。

趣味の大会レポートなんで(笑)長いっすよ。
(ランネットの項目使わせてもらいます)

■事前の大会情報■大会ホームページの更新
ウェブサイトの更新も頻繁だし情報も必要十分。届いた受付用パンフ(オレンジ色)も簡潔にまとまっていて,これ一枚だけあれば大丈夫なくらい。前日受付のための駐車場情報があれば県外者には助かる。公式には運営側ほとんど用意しないにせよ,どうしたらいいかが分かるとありがたい。

■大会エントリー
全体としては2倍程度の倍率だったと聞いているが,「アスリートエントリー」枠があるので,持ちタイムが3:30以内の人は少しハードルが低くなる。抽選。

■会場
受付自体は南海放送ビルなので注意。メイン会場はよくある城跡(今回は現存松山城あり)や公園の開催だが,公園内が広いので快適。公園内に整列してからスタートに移動しても余裕である。当日の駐車場は事前に申請しておくと,台数限定だが800台程度用意してくれるらしい。それ以外はコインパーキングですが,高いもんね。西もも@は申請に気がついたのが遅かったので,宿の駐車場におかせてもらいました。土地勘がある人なら,どこか一日置ける場所を確保して,電車で移動すると一日320円で済みますね。

■会場案内
そもそもメイン会場内自体の展望がいいので,どこに何があるかは一目ですぐ分かる。

■会場内と周辺の導線
西もも@は前日入りで受け付けで道後温泉宿泊。前日受付は駐車場に少し困ったくらいで問題なし。当日は宿に車を置いて道後温泉駅から市内電車で移動したが,電車の便は多いし所要時間は10分程度。県庁前で下車して歩いて3分くらい。よっぽど大坂マラソンの方が分かりにくいっす。

■荷物預かり
預かり袋が大きいのが◎。ゼッケン下一桁別で,高校生(大学生も?)達が元気に集合10分前まで預かってくれます。(ただし,その頃預けると集合エリアのかなり後ろになります)返却時もすぐ出てくるようにしてあって◎。

■トイレ
男女別で必要十分。手洗い水はないがアルコールスプレーがある。これはやはり諸事情で水を使いたい人もいると思う。

■スタート前の給水
スタート前もゴール後もVAAMが協賛で存分に頂けます。

■スタート、コース、フィニッシュ
・スタートは県庁前経由で電車を停めてスタート。ちょっと狭いが転ぶほどではない。チョコチョコ先行しようとする方がいても,前に出られない感じ。

・コースはけっこうあっちこっち曲がるがストレスになることは全くない。賑やかな市街地も見晴らしのいい郊外のストレート部分もある。40m程度のアップダウンが往復で2回,30m程度が1回あるが橋ではないのでちょうどいいアクセント。単調さが崩れて疲れた脚にいい刺激となります。

・公園内に戻ったらすぐフィニッシュ。身体が冷えないうちにすぐ荷物も受け取れるし,お接待エリアもすぐ近くで助かる。

・フィニッシュしてからはランナーは無料でVAAM・芋汁・おにぎり・PASCOのパン,ANAのコンソメスープ・甘酒が飲み放題食べ放題。これだけでお腹パンパンっす。


■スタートエリア管理
・スタートは会場内芝生公園にコーンで仕切られたエリアに串並びで整列。余裕の広さかと思ったが,Aは少し溢れて横にもう少しエリアを確保してた。陸連登録のランナーに色んな方がいるのはどこでも同じですが,篠山ABCみたいなマナーの悪さ(明らかにレベル虚偽申告レベルのランナーが多いとか,別エリア指定の人が平気でAに入っている)ことはない。西もも@の近辺では違反者は見ず,追い出された人もいない。マナーはいい大会(土地柄かもね)と見受けた。好感度◎。

■コースの走りやすさ
一部アスファルトの目が粗い部分があり,足の小さな西もも@は足を少し取られる。線路や段差も所々あるが,しっかりクッション材を置いてくれているので安心。

■見やすく正確な距離表示
とても見やすくて見落とすことはない。スタッフの学生が強風の中支えていたが,大丈夫だったのだろうか。

■楽しめるコース設定
なだらかな40mのアップダウンがいいアクセントになる。全体的に小さな起伏がずっと続く感覚で,トレランも好きな西もも@は好感。もう少しあってもいいくらいだが,そうなると制限時間いっぱいランナーは大変ですよね。

■正しいコース情報
次給水場所までの距離,何があるかが事前に分かるので有り難い。食べる心準備が出来ます。(笑)

■応援
毎回四国の大会に行くと思うのだが,きっと四国人は「お接待DNA」をみんな持っているのだ。市街地は言うまでもなく,本来なら郊外の人の気配がなさそうな場所でも途切れることなく応援が続く。子供が一生懸命声を出してくれるし,小中学生,高校生の運動部員が元気ですごい。特に感動的,いや幻想的なのは長いトンネル内部での中高校生達の大声援。トンネル内に反響してものすごいことになってました。復路は氷雨に撃たれた後だったので,とても嬉しかった。

■給水所・エイドステーション
給水所は多すぎるくらい。スポドリの濃度も適切で○。ただし西もも@通過時点くらいだと,学生諸君の渡し方がまだ慣れてなくて不一致で怖い。置いておくのはいいが,持って渡そうとするのはコツがいりますからね。

タルト,ジャコ天,ミカン,オレンジゼリー・・・・・これだけでも,ですが,

◎◎◎「ポンジュース」◎◎◎がエイドに出る大会がどこにありましょうか!(北栄町のスイカながいもマラソンでも,スイカジュースや長芋焼酎は途中出ないぜ)

2カ所あるんですが,西もも@思わず戻ったりお代わり。ロングランには柑橘類が効きますね。糖分とクエン酸がいいのかなぁ?

■参加賞
ミカン色のTシャツ,とフィニッシャーズタオル。さすが今治を抱える愛媛,かなり品質のいいバスタオルなんで,満足感大!今まで貰った中ではイチバン品質いいタオル。

■全体の感想
「オレンジ色」「ミカン」のコンセプトを中心にブレない大会。参加賞や当日の接待なども含めてとても「おもてなし感」がある。それでいて嫌らしくないは,地方ならではの「ユルさ」があるからでしょう。

■大会の熱気、活気
愛媛の参加者が多いのですが,参加者もスタッフも明るくてノリがいい。一人で参加している私でもニコニコしながら楽しめました。

■コストパフォーマンス
今どきの10000人レベルの地方大会としては,この程度の参加費は必要かも。ただし,観光地なのでついつい観光したり土産を買うのでそっちのほうが高くつく。本土からの参加だと瀬戸大橋通行料がかかるのは仕方ないが,県外参加者のみ「観光案内セット+おみやげ歯ブラシ」がもらえます。

※愛媛だからこの時期「ミカン」を全面に出したり「温泉」をネタに出来ますが,2015初開催の「岡山マラソン」は桃や葡萄は現品でおもてなし出来ないですよね。コースも延々30号線+郊外なので,岡山ならではのサービスってどう展開するのでしょうか。まさか,バナナ・パン,チョコレートでは・・・・・・

■地域の特色
愛媛のカラーが強く出ていて,「愛媛ってこうだったよねと後で十分語れる。全国どこでもある地方大会,ではない特徴があります。温泉が楽しめるのは強みだし,宿も沢山選べるのは嬉しいですね。

地元の方が楽しみに注目していて,盛り上げて下さっている感じがしました。南海放送が最終ゴール者まで6時間ぶっ続けで放送していて,市内要所でも自宅でも結構見ていたみたい。(帰りに寄った走らない酒問屋の奥さんも見ていた)立ち寄った温泉「たかのこの湯」でもずっと放送していて,多くの湯上がり客が観覧してました。(「あ,このバスタオルは!」って感じでした)やっぱり歴史の長い大会は,たとえ市民ランナー中心(概して四国はレベルが高い気がする)の大会でも大切にされているんですよね。滞在中のいろんな場面でランナーに気を遣って下さる場面がありました。

それを考えると,後発の「とくしま」は初回から素敵なスタートをきっていますね。

さて,「おかやま」はどうもてなすか,特色を出すのか。

■次回大会の参加
観光面でも,温泉以外にいろいろ見所があるのが分かったので家族連れて行きたいと思える大会。観光パンフレット見ても,近隣でもいろいろ楽しめそう。

Dsc_0927


Dsc_0947


« 2015愛媛マラソン 何とか無事完走・・・・・ | トップページ | Dose of Jogging and Long-Term Mortality »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

>fifthwind さん

やはり四国の大会に外れなし。(笑)
参加人数が絶妙でいいでしょう?
おもてなしDNAは健在のようですね。


今年はネックウォーマーだったんですね。
昨年は帽子でして,西もも@は夏場以外かぶらない人なので
いまだにタンスの肥やしです。

僕も高知・徳島・愛媛はすべてリピートしてもいいなと
思ってます。

高知・・・・そう真夏ですが
こんなローカルハーフ大会あります

高知・本山汗見川清流マラソン

水ぶっかけてもらいながらトマト喰って走り
水をがぶ飲みし
ゴールで冷えたトマトとスダチかなんかのジュース

そしてそのまま脇の川にドボン!とクーリング

ワイルドな大会ですが,もてなし感大!!

http://runnet.jp/runtes/raceDetail/top/t94357.html

子どさんがいたりすると,その川がプールになってますので
遊べます。

おひさです。当方高知龍馬で高知の人の温かい応援に触れて気分良く走りました。トマト・きゅうり竹輪・鰹めし・柚子ジュースは高知ならでは。個人的には参加賞がTシャツではなくAsicsのフリースネックウォーマなのもポイント高です。ゴールの陸上競技場に向かう最後の坂はしびれますが..リピありの大会ですね。

>くるたんパパ さん

嬉しいお言葉ありがとうございます。

私は文字に起こすのが好きなだけでして
実績・・・・・は私の周囲のランニング仲間からすると
話題にもならないレベルです。(本当にすごい人がウヨウヨ)

すぐやめてしまう人が本当に多いですから
一年続いた,ってことは一つハードル超えたのですね。

最初はタイムばかり気になりますが,そのうちそれ以外の
魅力に気がつくと,長く続くと思いますよ。

私事ですが,以前身長165体重70キロの私は
1km走れませんでした。

フルマラソンに限らず,ランニングの世界は広いです

人気のトレイルラン,ピクニックみたいなマラニック
(僕はキライですが)駅伝,ウルトラマラソン・・・・・。

いろんな種類も楽しんでくださいね。

初マラソン,前夜はドキドキしますよ,きっと!
(僕は初ウルトラの前は寝付けませんでした)

ゴールの瞬間,何を思うでしょうね。
ご自分のブログにイッパイ言葉で残してくださいね!

はじめまして
マラソン記事で検索してたどり着きました。

当方3ヶ月で飽きてしまうだろうと始めたJOGですが、何とか1年間続いております。
来月にはいよいよフルマラソンに挑戦。
先輩方のブログを読みながら、来るべき初フルマラソンの恐怖に怯えております。

臨場感ある記事で、ますますフルマラソンの恐怖をひしひしと感じています。
でも勉強になることが多いので、今後もお気に入りに保存して、お邪魔させていただきます。
よろしくお願いします

それにしてもこれまでの実績が凄すぎ!尊敬します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/58878218

この記事へのトラックバック一覧です: 初,愛媛マラソン感想【2015】※ちょっと長い:

« 2015愛媛マラソン 何とか無事完走・・・・・ | トップページ | Dose of Jogging and Long-Term Mortality »