フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 続・修復 | トップページ | 子供たちを責めないで »

2015年3月18日 (水)

curiouser and curiouser

普通は言いません。

正式にはmore curiousになります。

curious
音節cu・ri・ous 発音記号/kjˈʊ(ə)riəs/

【形容詞】(more curious; most curious)

1a物を知りたがる; 好奇心の強い,もの好きな,せんさく好きな

b【叙述的用法の形容詞】 〔+about+(代)名〕〔…を〕知りたがって.

c【叙述的用法の形容詞】 〔+to do〕〈…〉したがって

d【叙述的用法の形容詞】 〔(+前)+wh.〕〔…を〕知りたがって 〔about,as to〕.

2好奇心をそそるような,珍しい; 不思議な,奇異な,変な


===================================================


中学校時代,学校に通っていた人なら,比較級の作り方は
語幹に-erをつけて

tall - tall[er]

と習ったでしょう。
長い単語(正確には音節数で決まる)はmoreをつけて

more interesting / more importantみたいになります。

今朝NHK番組を視聴していて知ったのですが,このよく見る「文法的には×」の表現

”curiouser and curiouser(ますます変)”

を使い始めたのルイス・キャロル(「鏡の国のアリス」の作者)なんですね。

主人公のアリスが,あまりにビックリして変な英語を使ってしまう場面。

“Curiouser and curiouser!” cried Alice (she was so much surprised, that for the moment she quite forgot how to speak good English).

「ますます変よぉ!」とアリスは叫んだ。(あんまり驚いたので,その瞬間,きちんとした英語の話し方を忘れてしまったのだ。

昔の住宅メーカーCMで,「最高の家」の意味でhomestって妙な最上級表現使っていてすごく流行りました。辞書ではNGで,建築系の会社が商標として”homest home”みたいに使う程度です。(頭韻踏ませてる)


そういえば,マクドナルドの

“I’m loving it.”

も本当は変なんですが,認められちゃったんかなぁ。

訳せますか?

「私はそれを愛している」ではないですよ。

キャッチコピーって感じですね。

こうやって誤用や俗語がどんどん生き残っていくのですね。

でもでも,消えるのも早いんですよね。

日本語の

「ナウイ」

「チョベリバ(グ)」

「もちのろん」

「んちゃー」分かりますか?

http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%AD%BB%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

【本日の修復】

・・・・・はお休み。

昨日ゆっくりリハビリしたつもりなのに・・・・・痛む部分が彷徨う湖のように

移動するのです。

絶不調。

こりゃ週末が怪しいぞい。

面白くねぇなぁ。

« 続・修復 | トップページ | 子供たちを責めないで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>まさちゃん

ナウい
半ドン

ならまだいいが

ノンポリ
ブルジョア
ナンセンス
オルグ
セクト
当局


まで持ち出すと,カサブランカさんでも追いつかないか。(笑)

僕?

まだ40代。

自分は未だに「ナウイじゃろうが」と言ってしまうときがあります(汗)
部下が職場に戻ったら「おかえりんご」もたまに使います。
そんな時?部下に最新ですねーと言われますよ(笑い)
「もちのろん」は韋駄天さんが好きな言葉です(爆笑)
「なんたるちーや」はカサブランカさんがたまに使います!?
朝からごめんなさい。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/59315845

この記事へのトラックバック一覧です: curiouser and curiouser:

« 続・修復 | トップページ | 子供たちを責めないで »