フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 言われてみたら | トップページ | 今年もやってきました、姫ボタル »

2015年7月11日 (土)

朝怪談,いや朝階段は美味しい

150710

ノンストップで帰ってきたかったのですが・・・・・

データを見たら分かる通り,停止せねばならない大問題が・・・・

なので,大休止後は下半身にも力が蘇ってまいりました(謎)

西もも@メス入れた膝のこともあり,階段を昇降して同じ動きの縦方向負荷をかけ続けるのは痛みが出るため回避したいということはありますが,本気で一登なら問題ないでしょう。

(いろんな動きが混じっているとウルトラランニングでも自分を誤魔化せるみたいです)

元気な方はこの吉備中山御陵前の階段を何往復もされるようですが,羨ましい?限りです。


やはり,通常朝ランに組み込むなら

フラットロードから後半坂負荷

アップ走行後,最初に坂道負荷で心拍上げてからフラット路面


とか

坂道インターバル(僕は朝はいやだ!)


が経験上は効率いいみたいです。

平日に時間が十分とれない我々みたいな普通の社会人ランナーは

距離が稼げないならたとえ20分でも心拍重視ランがオススメ。

(研究だと実は100mくらいの緩い坂道インターバルが効率はいいそうですが・・・・)

心臓炒めて早死する・・・・なんていう人がいますが,そんな研究や証拠はないみたいです。

周りを見ても,元気に続けている年配ランナーは多い。


西もも@の通常朝ランパターンみたいに,時間がとれない場合,(僕はなんとか朝4時頃から60分です)短時間で効率的にと考えると,上記みたいな坂や階段を組み込むのが過去うまくいっています。

SUUNTOユーザは耐久性のトレーニング負荷目安としてEPOCカーブを見たらいいです。

せっっかく高価なオモチャを持っているのなら,いつも同じジョグでなくて色々使い倒さないとね。

今朝みたいな(大問題があったにせよ)右肩上がりカーブは,耐久性のトレーニングとしてはうまくいっています。

定番のマイコースは14kmでほぼフラットなんですが,その中に跨線橋+渡河橋みたいな部分が2箇所あり,ここは駆け上がっています。

飽き性なので,毎日微妙にコースは変えたりして変化を付けています。(実は視覚情報に変化をつけてボケ防止,のつもり・・・・・ククク)


ちょっと心に余裕が出てきた西もも@でした。

(支店の「クライアントは」いい人が多いので)


« 言われてみたら | トップページ | 今年もやってきました、姫ボタル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/60697555

この記事へのトラックバック一覧です: 朝怪談,いや朝階段は美味しい:

« 言われてみたら | トップページ | 今年もやってきました、姫ボタル »