フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 馬の夏バテ | トップページ | 小物はモンベルで »

2015年8月12日 (水)

ベルママ

Belle

好きな人は好きらしいです,これ仕分けするの。

http://toyokeizai.net/articles/-/75223?page=2&utm_source=nifty&utm_medium=http&utm_campaign=link_back

西もも@は子供が小学生の時には集めて学校に持たせていました。

以前,集めて分類する作業をしたことがあり,自分が担当になるのは絶対嫌だと思うくらいの業務でした。

でも,保護者の中には時間もあってこういう類の活動が好きな方がいるのも事実なのです。

PTAのしごとって,学校によっては物議を醸すしなり手がなかったりしますが,実はやりたい,協力したいとう方がいるのも事実。(小中高問わず)

今の時代,仕事をもっているかどうかは問題でなくなっているので,PTA活動って積極的参加できる人がどんどんしてくださったらいいと思うのです。

その代わり,任せた人は文句を言わない。

アメリカ・カナダの話を聞くと,そんな組織自体存在せず。

例えば,「学校のLANケーブルを敷設します」というと,IT関連のしごとをしている親が休日に集まってきてみんなで設置してしまう。

出来ない場合は業者に委託する,そんな感じらしいです。

宗教に関係して文化も違うのですが,PTA活動ってそんなもんではないでしょうか。

ベルマーク活動も,それが成立しない学校ならやらない方がいい。

日本の場合,多くの学校は「PTA会費」ってのを払っています。

P=親

T=先生

も払っているんですよ,活動助成に。

Tは建前上,活動への賛同意思に関係なく全員強制的に支払うというところが多い。(ほぼ強制です)

Pも,自動車免許更新時に聞かれる「交通安全協会」費と同じで,本来は拒否権もある。

ただし,拒否する人を認め始めると,部活動なんかは活動する子供の親が全て負担することになりますね。

だから海外では「部活動」ってのが存在せず,地元の「クラブ」が主体になるんですね。

日本でも,サッカーや野球,陸上などを主体に社会教育として「クラブチーム」の発想が浸透しつつあり,学校という枠組みとは別に放課後や休日の活動が活発になりつつあります。試合もその「クラブチーム」の枠組みで実施。

変なのは学生が試合にでようとすると,部活動している子供は学校の登録でないと出られなくなること。

通常の活動は「クラブ」でしているのに,大会参加しようとすると学校での登録が必須になること。

「学校」っていう枠組みに,普段の生活指導も部活動も学習も全て担わせている歪みが,いろいろなメディアの報道や紙面を賑わせる要因なのかもね。

話が大きくなりましたが,PTAも部活動も,学校の先生の手に負えなくなっているのでは,という話です。

それにプラスしてお上からの指令や止めるにやめられなくなった業務が重圧となって,いろんな犯罪に走る方が多いのでは・・・・・。

西もも@が住む岡山県,ここのところ紙面を賑わす「先生」多い。

子供の非行率は相変わらず。

学力は全国で底辺を彷徨う。

教育にお金をかけないので,校舎もスポーツ施設も,他県に比してお寒い限り。

給与もブービーを争う。

不祥事連発。

親御さんも子供も心底信頼するわけがない。

親御さんも家庭では「学校の先生なんてな・・・・」とこき下ろすだろう。

「なりたい」若者の質も数も,昔とは雲泥の差。

性能の良い「先生」はどんどん私立へ流出の現象あり。

大変だ,今の岡山で「フツーの子供」をするのは。

スマホ使用時間,岡山かなり全国上位だし。

親としてできる事をするしかないねぇ。

« 馬の夏バテ | トップページ | 小物はモンベルで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/61143728

この記事へのトラックバック一覧です: ベルママ:

« 馬の夏バテ | トップページ | 小物はモンベルで »