フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 自分にしか分からない写真かも | トップページ | ピーナッツでコーヒー豆 »

2015年10月14日 (水)

ハンセン病患者の高校①

Dsc_1193

先日,職場の研修で,岡山県瀬戸内市邑久町長島にある「国立療養所邑久光明園」を訪問する機会があった。

国立療養所邑久光明園

ハンセン病患者(実際には現在罹患者はいない)の方の療養所だが,この地の悲しい歴史についてはご存知の方も多いと思う。


ハンセン病
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/leprosy/about/

国立ハンセン病資料館
http://www.hansen-dis.jp/

日本政府が誤った治療政策をとったがために,人間としての尊厳を剥奪されたまま命を落とした方が大勢いた。

そして今も,当時の差別と偏見の大きな影響を残したまま,社会復帰も叶わず各地の療養所に暮らしている方も多いわけだ。

西もも@2015春までの勤務地が邑久町だったので,その歴史を学んだり,長島に関わった方の話をよく聞いたし,今だに年配の方を中心にかなりの偏見があることも知っている。

現在は研究も進み治療法も確立しているので,入所者から感染することがないのは解っているし,年間を通じてわずか数名の新規罹患者は,主に海外から日本に来た外国人なのだ。

ちょっとウイキってくださると,現状は把握できると思う。

ウイキペディアの記載

西もも@は長島を訪れたことはなかったので,今回は貴重な機会になった。

光明園の副看護師長さんの話はコンパクトで,歴史や現状をかいつまんで整理することができた。

それより貴重だったのは,実際の入所者男性(81歳既婚者,社会復帰経験あり)との交流。わずか90分と限られていたが,話は弾み,あっという間に終わってしまった。

西もも@印象的だったのは,この方の性格にもよるのだろうが,その「突き抜けた明るさ」。

本当に明るいのではない。

あまりにひどい,辛い自他の経験から,そうやって現実を,事実や歴史を笑い飛ばして余生を生きていかねばならないのではないかと思えた。

長島で起こってきたことの公式記録も残されているが,実際の園内での生活は入所者の生の話が興味深い。

人権剥奪された自由のない生活,命じられた断種や人工堕胎,差別・偏見などの話から悲壮感漂う感があるが,実際にはその大きく制限された生活の中でも,入所者の自治があり,外部との接触もたくさんあったそうだ。

戦時中はさすがに食糧事情が低迷した時期もあったそうだが,食事に関しては比較的優遇されていたそうで,面白かったのは,光明園内でドブロクを作って酒を楽しんだりし,畑を作って野菜を栽培して楽しんでいた人も多かったらしい。売店もあって自治運営だったそうだ。

聞いてはいたが,ビックリしたのは,進む高齢化。平均年齢は85歳あたりで,年間10人くらいが亡くなっている。

現在入所者126。(2015年10月頭)1月は134だったそうで・・・・・。

よく,新聞やニュースで小中高校生などとの交流会が取り上げられているが,その語り部も急速に減りつつあり,健康を害したり認知症を患ったりして,園内の病棟へ移る方も多いそうだ。

実際の生の話しを聞ける時間は,そう長く残されていない気がした。

参加したメンバー全員,素晴らしい機会に恵まれたことを口々に感謝しながら集会所を後にした。

男性は交流会が終わるとき笑顔で送ってくださったが,その目は笑っていなかったのを,西もも@は見逃さなかった。

寂しさ,がそこにはある。

次にいつ訪問する機会に恵まれるかどうかわからないが,思ったことを僕なりに記録するのも,ひとつの活動かもしれないと思い,今日は書いてみた。

この日は職員さんが園内の案内もしてくださり,園内死亡者(親類と縁が切れている人も多い)は外部に墓が作りにくいため,作られた供養場所(元は火葬場)や,反省室跡(脱走したり,和を乱した人を反省監禁する独房)も見せてもらった。

実はここ長島には,かねてから西もも@が訪れてみたかった場所があった。

研修会のあと,少し車を走らせてもう一つのハンセン病療養所「長島愛生園」へ向かった。

ここには,日本で一校しか存在しなかった「高校」があった。

岡山県立邑久高等学校,新良田教室(定時制課程)。

« 自分にしか分からない写真かも | トップページ | ピーナッツでコーヒー豆 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/62049583

この記事へのトラックバック一覧です: ハンセン病患者の高校①:

« 自分にしか分からない写真かも | トップページ | ピーナッツでコーヒー豆 »