フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« プロレスランナー失格 | トップページ | 変わらぬ…(笑) »

2015年10月25日 (日)

本気でゆで卵を作るとこうなる

Egg

ちゃんと科学して茹でるとこうなる!

西もも@も,自分なりにゆで方は完成版をもってるけど

「旨味」まで考えたことはなかったなぁ。

「ゆで卵伝熱シミュレータ(うま味+ver)」
http://www.food-scientist.com/ja/eggsim_umami

西もも@は,朝御飯作る関係で,「殻と卵膜がつるりと剥ける」ってのが狙いなので

【準備物】
蓋がきっちり閉まって蒸気で蒸せるような小鍋

タイマー

【茹で方】(僕は「蒸す」んですが)
①卵が5~10mm浸かるくらいの少量の水を鍋に沸かす
②沸騰してきたら,静かに卵を入れる
③蓋をきっちりして

ミディアムなら3分
ミディアム・レアなら4分
ハード・ボイルドなら5分

蒸気で蒸す感じで加熱(ただし個数が増えたら調節)

④好みの加熱が終わったら,蓋をしたままで8分
⑤冷水に浸けて熱をとる(西もも@は2回水を換えます)
⑥すぐ殻をむく

「殻がツルリと剥ける」

を目標にすると,これでほとんどうまくいきます。

(塩や酢を・・・・・って方もおられますが,必要ないと思う)

昔は卵膜が白身にへばりついて殻が剥けず腹が立ったこともよくありましたが

今はこれで確定版ですね。

加熱する電気代も,使用水量も最小で済むと思うんだけどな。

旨味を考えると,浸かる量の湯でボイルしたほうがいいのかな?

« プロレスランナー失格 | トップページ | 変わらぬ…(笑) »

料理・酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/62201562

この記事へのトラックバック一覧です: 本気でゆで卵を作るとこうなる:

« プロレスランナー失格 | トップページ | 変わらぬ…(笑) »