フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 水曜トラック鍛錬 | トップページ | 天然回復エナジードリンク »

2015年11月13日 (金)

博士と狂人/サイモン・ウィンチェスター

Dsc_1206

いや~これは久々にヒット,面白かった。

残念ながら現在は絶版本ですが,取り寄せて読んでみた。

OED

と聞いて何を思い浮かべますか?

Oxford English Dictionary(オックスフォード英語大辞典)

世界最大の,最高の辞書,OEDの完成の裏側にある秘話。

辞書はよく使う西もも@ですが,さすがに20万近くするハードカバー版OEDは買えないです。

それに活用できる知的レベルではありません。

個人所有して使う人は尊敬しますし,職場や団体で購入していたら快挙です!

完成に70年かかったこのOEDも今ではCD版も出てますが,それも7,8年前のバージョン。

でもでもそんなの関係ない,色褪せない地位があるんです。

たった1つの単語でここまでページを割くかぁ!?って感じでして,延々と語の成立の歴史や語源,意味の変遷とその初出データが・・・・・もういいです,ってほど出てきます。

最近の電子辞書でも,「研究社英和大辞典」が入っていたら,少しは冒頭に語源が掲載されてますが,あれの本格版です。(西もも@はけっこうあの部分好きなので,それが入った電子辞書を買う)


さて,その編纂に関わった2人のキーパーソン。

ジェームズ・マレー博士と協力者ウィリアム・マイナー。

私財投げ打ち状態のマレーはよくありそうな話ですが,マイナーの経歴は読んでびっくり仰天。

殺人者+生涯精神病院収監者。

まあちょっと,アマゾンの紹介とレビューをご覧くださいまし。

http://www.amazon.co.jp/dp/4150503060?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div


三浦しおんの「舟を編む」からのつながりで読み始めたのですが,このOED秘話ノンフィクションはその比ではないですね。

事実なんだもんね。

絶版本の中古で読んだのですが,あまりに面白くて眠いのに一気に読んじゃった。

英語に興味はない,って人でも,辞書ってこうやって出来るんだ・・・・って思えるかも。

西もも@は元々,「●和辞書」の起源が好きなのです。

オランダ語とかドイツ語とか英語,ロシア語の。

大学時代に授業で使ったのは「ウイグル・中国語辞書」。

「ウイグル・日本語」辞書はなかったので,輸入した「ウィ・中」を買って,「中日」辞書をひく,というアホみたいな作業をしていた。たぶん,辞書の起源はそんな感じなのでしょう,きっと。

それにしても,江戸期とかの辞書はすごい手間かけてます。

今みたいに,音声を記録できる機器もないし,CDもネットも使えない。

パソコンなしで手作業編集ですからね。

墨と筆ですからね,幕府レベルの仕事でも。

言葉が好きな人にはこの本オススメ!

中古本で見つけたら即買いですよ。

バカと●●は紙一重

いや

天才と狂人は紙一重,です。

翻訳はいろいろあるので,好きな人を読まれたし。

翻訳者って大切ですよ・・・・「Born to Run」は何か変だもん。英語のほうがいい。

そうそう,今

「Eat and Run」読んでます。

英語難しい・・・・。


« 水曜トラック鍛錬 | トップページ | 天然回復エナジードリンク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/62406573

この記事へのトラックバック一覧です: 博士と狂人/サイモン・ウィンチェスター:

« 水曜トラック鍛錬 | トップページ | 天然回復エナジードリンク »