フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 第1回おかやまマラソン ボランティア | トップページ | エナジーきびだんご »

2015年11月 8日 (日)

午後からは地獄じゃあ!

Dsc_1210

自分でもよくやったと思う。

5時間LSD状態。

午後からのリーダーさんはうってかわって,快活な明るい引張るタイプの男性。

集合から笑いをとり,みんな笑顔でスタートの11:00。

午前中のバラな感じではイカンと危機感があったのか,午後はチームワーク抜群でした。

おもしろいですね,人間って,組織って。

朝は気にしてなかったけど,西もも@担当は「Eブロックランナー」だったんですね。

初めてのフルとか,過去の記録がないとかの方が多いと思うので,制限時間内完走は大拍手だとスタッフに伝えたら感動してました。

やはり脚を引きずる方が多かったですが,嬉しそうな笑顔に可能な限り拍手を送りましたよ。

普段西もも@は,リタイヤする時以外はそれなりに早い時間に荷物ピックアップですが,それでも荷物受け取りの方の苦労を少しは想像していたつもり。

でも,5時間6時間で帰ってくるランナーの対応にこういう世界が繰り広げられていたとは・・・・・・。

心からボランティアスタッフに感謝致します。

私が甘かったです。

5時間のLSDを経験させていただきました。(涙)

西もも@は志願兵ですが,半分以上は協賛企業とかの徴兵スタッフと思われます。

逃げるわけにはいかない状態ですので,みなさん最後まで活躍でしたが,辛かったと思います。

ウルトラには慣れている西もも@,DNFとはいえ24時間近く走った経験もある私でも最後は疲労困憊しましたから・・・・。

ただ,

リーダーさんの意向で,荷物ピックアップ時間短縮のため,ゼッケンをとってもらってそれを持って荷物捜索しましたが,お金を払って疲労困憊して帰ってきたランナーにゼッケンを取らせるとか,ハサミでゼッケンを切り取るとかは失礼だと思います。

西もも@打ち合わせで反対しましたが,リーダーさんの意向で却下。

最後はコレ見よがしに「この方が混乱がなくて早かったでしょう」と言われましたが,それは違うと思う。

「もてなし岡山」ではないです。

ゼッケンの価値,考え欲しかった。

切り取らないで欲しかった。

来年のため,強く反対します。

コレで混乱するのなら,そうならないように主催側が方向性を打ち立てて,来年は改善して欲しいと思うのです。

ゼッケン大事に持っておきたい人はたくさんいるんですよ。

これが生涯最期のマラソンになる人もいるんです,世の中には。

--------------------------------------------------------

ひとまず西もも@の2015,第1回おかやまマラソンは終わりました。

県外から参加された方はどう思われたのでしょうね,気になります。

実際のボランティア動員状況の内情をご存知の方がおられたら,またの機会に西もも@に教えてくださいね。

⑫番でお会いした何人もの知人の方々,あまりの多忙にゆっくりお話できませんでしたが

また会った時に。

そうそう

「本当は走ってみたいけど」といいながら

県北から我が家に泊まってまでボランティア参加(西側沿いで交通整理)した,高齢の我が両親。

二人のガッツに敬意を表します。

その生き方,息子である私が引き継ぎます。


------------------------------------
【本日の夕刻疲労除去】

1:03.52/14.03
90/13.2/16.8
4.33/3.34
4.10
29/26
171/155/621
32/4.4

これで疲労を吹き飛ばした!(笑)


« 第1回おかやまマラソン ボランティア | トップページ | エナジーきびだんご »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>たっきー

走る側の視点での運営関係者が少なく,走らない行政側・主催側の
多数のスタッフが,陰のイベンター(アールビーズ?)に言われた事だけ
指示出して運営してみた,ってことが要因かな。

イベントを完遂する,経済効果を出すことが至上目的で
ランナーをもてなす,スポーツする人に敬意を払う視点が
不足していたのだと思う。

だから警察の意見が幅を利かして今回のコースになるし
あんな給食出すし,岡山の果物が出ない時期だし。

ふざけたRSKの放送も同様。

新聞や経験値少ないランナーは好意的な事を書いたり述べてますが
慣れたランナーなら正直キツイ意見を持っている人も多いはず。

審判・監察の陸連動員審判や役員も,「仕事が増えて面倒くさい」って
言っていた人を何人も知っている。(根本的に大会を楽しんでない)

県庁,市役所を含めて実行委員会にはランナーもいたはずですが
それだけでは「おもてなしイズム」は行き渡らないよね。

村岡ダブルフルのあの雰囲気を出すのは大変なことなんだね。

次で挽回しないとね,岡山。

>まさちゃん

でしょ~
取らせたり切ったりしたらイケン,って言ったのに
「ここはリーダーの意見を・・・・・」って却下されました。
他のグループがどうしたかは知らないですが
どうやらランナーは2人,ゼッケンに思い入れがあるのは
僕だけでした。

ただ,運営側の失敗で人出不足,きちんとボラが外していたら
さらにトンデモナイことになって暴動が起こったかもしれない

でも,知らん顔して近づかなかった青ジャケットの運営側
スタッフも大勢いいたのも事実。

お疲れ様でした!
私は、ナンバーカードもメダルやトロフィーも捨てちゃうタイプですが、大事にとっている方もいらっしゃるのを知っているので、ビックリしました。

非現実的だけど、ボランティアに参加する人は、必ず3kmでもいいからどこかの大会に参加することを義務にするとか(笑)そうすれば、選手の気持ちが少しはわかると思う。

ボランティアお疲れさまでした。
お邪魔ますると話したくなるので寄りませんでした。

自分はナンバーカードを全て大事にファイリングしています。
切られたりしたら少し悲しいでしょうね。
時間がかかってもいいから丁寧に外して欲しいと思います!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/62423094

この記事へのトラックバック一覧です: 午後からは地獄じゃあ!:

« 第1回おかやまマラソン ボランティア | トップページ | エナジーきびだんご »