フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 千羽海崖トレイルランニングレース2016(7th) | トップページ | 千羽海崖トレイルランニングレース2017のフォトレポート »

2016年1月30日 (土)

EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較④

Sf850pb

SF-850
http://www.epson.jp/products/wgps/sf850p/

2016年1月時点で,EPSONのフラッグシップ機。

一点除けば,トータルバランスでイチオシ。


GPS測位間隔が変更できないので,電池持ちが20時間なこと。

カタログ,ウェブをかなり見てみたが,変更できると書いてない,毎秒間隔のみとしか理解できない。

これがもし10秒間隔や1分間隔に出来ると,SUUNTOみたいに60時間位持つようになるはず,いやこの手の機種は後発なほどチップセットも消費電力を抑えてあるのでかなり持つはず。(そのぶん電池を小型化するかもしれないが)

普通にロードのウルトラを楽しむぶんには何も問題はないですが,数日間にわたるウルトラトレイルに使用するには電池容量不足です。

もしかしたら,購入者で希望をイッパイ出すと,後日のアップデートで測位間隔変更設定が追加されるかもしれませんね。

情報不足で誤解していたらすみません。

SF-850は心拍センサーも初代より進化しているようですので,初代みたいに汗・水濡れで計測が不安定だとか,人によっては締め付けないと計測しないとかは改善されているでしょう。(そこらへんは故友人ランナーKakuさんのブログにあったのですが,残念ながら現在は閉鎖)

PC,Web連携の充実,本体ディスプレイで出来ることに関してはほぼ完璧じゃないかな。

ただし,ウェイポイントやルートデータガイドに関してはGarmin,SUUNTOに軍配です。軽登山やトレイルランがメインの人はちょっと考えたほうがいいかも。

大きな特徴はこのページをみて下さい。
http://www.epson.jp/products/wgps/sf850special/

「健康管理」

「Vo2Max」

「活動量計」

がキーワード。

ランニングだけでなく,心拍ベルト付けなくても普段から装着できる,仕事で付けていても違和感ないデザインです。

ダイエットがきになる人は,日中付けて自分のカロリー収支状態を知るのにいいでしょう。(どれほど自分が食い過ぎか分かる)

Vo2Maxに関しては気になりだすと面白いのですが,心拍を意識して短時間で効果的に身体をチューニングするにはポイントだと思う。

ちなみに,西もも@はこの値が自分でも思いのほか低く,標準以下。何が自分のパフォーマンスを補っているのか興味があるところです。

ちゃんとレースでフルマラソンやトレイルランしても,35前後。これは年齢比でも標準以下。

インターバルトレーニング(400m*10/1000*5/2000*3)とかしてみても変わらないところを見ると,自分の「心配能力」は低いが「心肺機能」を活性化させているのかなあ。

そこらへんが,左心房高電位などの「スポーツ心臓」の診断を人間ドックでもらう要因か?(専門でないのでわからない)

ただしEPOCレベルは高いことが多いので,おそらく耐久系の練習が体力を底上げしているのだと思う。

話はそれるが,自分の傾向と対策にはこの手のギアは面白い。

さてさて,誰か知人が人柱になってくれないかな。

SUUNTOの高級路線が笑えてしまうので,ここらが選びどころ。

電池持ちさえ何とかなれば,候補筆頭(実際に買うかどうかは別)なんですが。

記録管理のウェヴサイトはかなりの充実です。これだけで自分の身体をネタに十分遊べる。


« 千羽海崖トレイルランニングレース2016(7th) | トップページ | 千羽海崖トレイルランニングレース2017のフォトレポート »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/63709620

この記事へのトラックバック一覧です: EPSON,GARMIN, SUUNTOのランニング向けGPS時計比較④:

« 千羽海崖トレイルランニングレース2016(7th) | トップページ | 千羽海崖トレイルランニングレース2017のフォトレポート »