フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« メカニカル・ドーピングだね,こりゃ | トップページ | 気が利いた大会パンフレット »

2016年2月 4日 (木)

あざむかれる知性: 本や論文はどこまで正しいか (ちくま新書) 村上 宣寛

Murakami

一回読んで難解なところもあり。

自分の興味ある部分,なるほどと思わせるところのみもう一回読んでみました。

この本,自分の思い込みや偏見を修正するのに大きな力になってくれますよ。

<目次>
第1部  真実を知るためには
 第1章  科学の営み
 第2章  研究の価値は何で決まるか
 第3章  何が判断を歪めるか
第2部  どこまで本当なのか
 第4章  なぜダイエットは難しいのか
 第5章  健康で長生きするには
 第6章  仕事での間違った思い込み
 第7章  幸福になるには
付録   メタ分析とは


細かいレビューはAmazonとかを見て頂くとして

システマティック・レビュー

メタ分析

という考え方は非常に参考になった。

西もも@が参考になったのは,4章と5章。(7章は私の理解力を超えているのか,よくわからなかった)

例えば,「◯◯健康法がいい!」とTVで取り上げられると,翌日スーパーからその食材が消えたりしますよね。

買った人は何を根拠にそれを食べて健康法としたり,ダイエットしたりするのでしょう。

少し気の利く人は,元論文とかにあたるかもしれない。でもその論文の品質を見抜くのは難しい。

西もも@も精々気になった数本英文の論文を読むくらいだが,専門的な統計の項目になるとどれくらい妥当なのかわからない。

著者村上氏は心理学が専門。

心理学というと「心を読む」と勘違いする人も多いのですが,実はほとんど実験と高度な統計の世界。

(西もも@は高校時代少し志したのだが,方向修正したのは数学が苦手だったから)

その統計学の手法で,どんな研究の何を見抜けばいいのかを紹介してくれている。

実際には村上氏がやっていることを素人がするのはほぼ不可能なので,この本をポータルとして読めばいい。

ダイエットは結局どうすればいいのか。

ランニングを最も効率的にして,健康度を保つにはどうすればいいのか。

自分でやっていて,何となく経験的にこうかな・・・・・と思っていたことと,実際の研究が一致していることが分かると,自分でもブレなくなりますよね。

特にランニングに関しては,「嫌々ながら」自分の中で結論は出ていますし,やはりそれは村上氏の結論と一致していた。ダイエットもそう。

「らしいよ~」

ではなく,「どうやら~のようだ」レベルまで素人でも確信が持てたらいいと思いませんか。

「でも,そうは言っても◯◯ってことも・・・・」

って言う人がいたら,それこそバイアス(偏見)に囚われているってことの証明なのかもしれない。

一部難解な部分(メタ分析説明関連,幸福度関連)もありますが,そこは読み飛ばしても十分面白いです。

それでも,当たり前だ常識だ,それしかない,これしかしないと信じて疑わない人はどうしても存在するわけで

その方は好きなようにされたらいいんです。

(岡山にも「儂が鍼を打って触っていたら,ガンが治った」とか言う施術師がいて,その人を盲信して何でも相談するアスリートがいたりする)

でも

「ん,ちょっと待てよ・・・・」

と思うことがよくあって,すぐ調べ物してしまうタイプの人にとっては示唆に富む著作ですよ。

【本日の鍛錬】(最近書くのをサボってます)

w-up:3000
(1000@3.45+1000j)*5
c-dn:1000
(これは根拠あってやっていること;笑)

set@3.40目標でしたが,今日は珍しく夕方帰宅後だったので道が暗く達成できず。

無故障ですがあんまり調子はよくないですね。テーパリング失敗だな。

週末ミカンの国マラソンは,突撃はせずに安定感重視でいきます。

こういう時はしっかり寝て,しっかり食事したほうが快走できる。

(これは統計でも何でもない。経験上;笑)

寝よっと。


« メカニカル・ドーピングだね,こりゃ | トップページ | 気が利いた大会パンフレット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/63795901

この記事へのトラックバック一覧です: あざむかれる知性: 本や論文はどこまで正しいか (ちくま新書) 村上 宣寛:

« メカニカル・ドーピングだね,こりゃ | トップページ | 気が利いた大会パンフレット »