フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 再起動2日目 | トップページ | 月刊 プラザ岡山 2016.4月号【奈義町特集】 »

2016年3月27日 (日)

続・チウーホテル(志賀高原一の瀬)

Dsc_0004

以前も記事にしてますが,西もも@志賀高原でよく泊まる志賀高原一の瀬の「チウーホテル」。

閲覧数が多いので,参考のため今回も少し写真アップしておきます。

詳しくは以前の記事を見て頂くとして・・・・

トップの画像は洋室のベッド。

こんな感じのベッドが2つある部屋と3つある部屋があるのかな。

面白いのは,良く言えばメゾネット,悪く言えば屋根裏部屋感覚の2F寝室はここから。

Dsc_0005

Dsc_0006


この穴(窓?)から下が見えるようになってまして,2Fにも布団は3組可能。子供は喜びます。西もも@は2Fのことが多い。

気に入っている点は,立地。


Dsc_0003

ちょっとわかりにくいかもしれないですが,一番近いクワッドリフト(タンネの森)が客室の窓から見える。

本館乾燥室から出て20mくらいでリフト。滑り込みで乾燥室側入口まで行けます。

こういう立地は別にチウーホテルだけではないですが,大切なポイントです。

再度幾つか宿のポイントを紹介。(リピータで知っていると楽なこともあるし)

・いわゆるアメニティーは置いてない(いるなら自分で持ち込むか買う,ビジネスホテルっぽい)
・歯ブラシ,クシはなし,ドライヤーもお気に入りを持って行ったほうがいいかも(貸してくれる?)
・タオル類は自分で持参してもいいし,フロントに行けば貸してくれる
・夕食は基本的に鍋,ただし全体の量がかなり多いので残すのが前提か
・夕食デザートなどは配膳なし,自分で取ってくるので「ない」と怒らないように
・地ビールやワインなどは勧めてこないので,飲みたかったら自分で頼む
・志賀高原ビール,白ワインは美味しいと思う,連泊ならワインはキープしてくれる
・販売機はあるが,薪ストーブのあるフロント談話室でインスタントコーヒーや紅茶を飲んでもいい
・お湯やお茶は,食堂で作って部屋に持って上がってもいい
・パジャマ,浴衣は部屋にはないが,着ている人がいたので多分フロント貸出
・地下で卓球が出来る,1時間500円。西もも@一家は何故か毎回大会を開催
・部屋のトイレはユニットバスなので,食堂階を使うと綺麗広くて暖かい
・意外に外国人が多いので,お友達になれるかも
・修学旅行生や大きな団体はとらないので基本静か,でも小さな子供連れは仕方ない(防音✕)
・「チウー鍋」は頼んでおかないと作ってくれない。
・個人客多い
・風呂熱い(笑)

基本コンセプトは「過度なもてなしや干渉はしませんが,必要なら何でもフロントに言ってください」です。

聞いてみたら意外にすぐ対応してくれます。

西もも@はこういう対応の宿のほうが好きです。

豪華に快適に・・・・なら,プリンスや皇室関連が使うらしいグランフェニックスですが,かなり料金は張ります。

(そうそう奥志賀グランフェニックスのレストランは美味しいですが,昼は待ち時間が出るので,週末祝祭日は覚悟を。焼額山のプリンス西館ウェストサイドが席数も多くゆっくり座れていいと思うが)

http://www.princehotels.co.jp/shiga/restaurant/westside/

数限定ものメニューもいろいろあって美味いし。高いんですが,この2つはオススメ。

●"YAKEBI"名物チキンカツバーガー(限定30食)・・・¥1,750 ※注,巨大!
●レディースランチプレート(限定30食)・・・¥1,800

高い・・・・プリンスは食い物が高い。(あ,チウーホテルも昼食やってますんで,子供が小さいなら一旦宿に帰ってお昼,ってのもありかも)

宿泊料金,プリンスは東館か西館か南館かでかなり値段違う。グランフェニックスはべらぼうに高い。

やっぱり宿レベルとゲレンデのアクセスのバランスで一の瀬界隈泊になるんですよね。

でも次回は久々に丸池蓮池とか熊の湯あたりに泊まって,横手山・熊の湯ゲレンデを楽しもうかな。

実は航空機使って北海道のほうが遥かに時間がかからないんですが,家族で自家用車自走すれば,燃料費・高速入れても一人片道3000~4000円で済みますからね・・・・。(ディーゼル車)

西もも@夜間走行の場合は,夜明け少し前に1~2時間程度カミさんに運転代わってもらって仮眠しますが,帰りは夕方以降の走行のことが多いので,ほぼ単独運転。昼間はかなり身体も楽。

650km,8時間程度。高速道路も左側レーンを中心にユックリ巡航すれば疲労はあまりない。

スキーヤーでない方は呆れ顔しますが,滑る人はなんともないもので・・・・。

25thシーズンは暖冬で滑走日数さっぱりでしたが,26年目のシーズンはどうかな?

スキーは競技をしないかぎりは単なる技術系レジャースポーツなので,年齢が上がっても長く楽しめそうです。

シニア券獲得年齢まであともう少し!

« 再起動2日目 | トップページ | 月刊 プラザ岡山 2016.4月号【奈義町特集】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/64663100

この記事へのトラックバック一覧です: 続・チウーホテル(志賀高原一の瀬):

« 再起動2日目 | トップページ | 月刊 プラザ岡山 2016.4月号【奈義町特集】 »