フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 備中高梁歴史街道ウルトラマラニック | トップページ | takahasi »

2016年4月24日 (日)

2016備中高梁吹屋ウルトラマラニック・ふれあいマラニック

Dsc_0086

ウルトラはやっぱり毎回ドラマがありますねぇ。

2016も無事終了、先ほど東京からのスタッフを空港に送り届けて西もも@は任務完了!

この横断幕はウルトラマラニックの終盤、夫婦岩の後に掲げてくださっているもの。

以前は高齢のご家族が別の応援をしてくださっていたのですが、その方はご逝去。

変わって親族がこの形で応援してくださるのです。これ、すごい山奥なんですよ。

このウルトラマラニックは、後半かなりの部分は車が一台通れたら十分の道。雨も降って少し心細くなる最後のひと踏ん張り(リタイヤも多いパート)に、この応援はほっこりしたのでは?

Dsc_0045

西もも@今年も、最初の成羽Wと、成美エイドの担当。娘とこの車に乗って輸送したり、リタイヤする方の送迎や、走る皆さんに可能な限りお声がけをしてまわりました。

毎年思うのですが、ウルトラの大会は、参加者それぞれ違った思いがある。

はたから見ると何でこの人は来ているんだろう、と思える方でも、それぞれ抱えた目標があるのですね。

リタイヤするにも、基準や理由も様々。それだけに、最終スイーパーのスタッフは大変だけれどその思いをを受け止めるのが楽しいんだそうです。

西もも@もそれがうれしくて毎回当日だけですが手伝いしているのでしょう。

もしかしたら、そういうのが少し分かり始めたので、娘も来ているのかも。

予報ではかなり高温になりそうな日でしたが、昼から曇り、夕方雨が降り始めたので体力を奪われなくてよかったのでは?


Dsc_0112

完走後の宿泊者に向けた完走パーティーは、毎年恒例の子供神楽が披露。

年齢が上がり、成長した舞い手は世代交代が進みます。(仕事が変わる)

毎年見ていると、それぞれの継承者に特徴があって、声も動きも違うのです。


Dsc_0105

今年も美味しくおでんと焼き鳥を戴いて、スタッフ宿舎に向かったのです。

ランナー参加者も打ち解けてラフォーレで宴が・・・・・なのでしょうが、宿泊で翌日も活動するスタッフにもそれなりに楽しみがあるんですよ。

(もちろん、有料で泊っています)

その楽しいプチ内情はまた書きます。(あなたも一緒に運営に参加してみたくなるかも)

ひとまず、ふれあいマラニックも含めて、参加者のみなさん楽しめましたか?

全員と言葉は交わしていませんが、運営に関わったスタッフ、楽しく疲れましたか?

ラフォーレ

元仲田邸

イレブンビレッジ

観光協会

成羽

用瀬

川上町道の駅

備中町

成美

田原布寄

穴田

観音滝

小泉

夫婦岩周辺

の方々。

写真撮影班

弁当配達の重役

宇治

私設エイドスタッフ

ペルピエの方々

指示板、テープ、距離表示担当

最後尾担当

コーディネータ村松さん夫妻や

関東からの保原さん

山西先生

お疲れさまでした!

そしてそして

一番疲れた参加者のみなさん。

想いは、目標はどこまで達成できたでしょうか。

最後に、いつも勝手な思い込みですが

参加できずにこの世を去り、永遠にゴールしないまんまの杉本さんとKさん


最後の坂は登れたかな?

« 備中高梁歴史街道ウルトラマラニック | トップページ | takahasi »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

>むーさん

いえいえ、あのコースで最後尾見送り人になるのはかなり覚悟が
いると思います。

望む方を最後まで見届けたいのは山々ですが、次の行事が
あるからにはそうもいきませんよね。

でも、日が暮れてあの坂道を進む方が「行かせてくれ」と言ったら
「ゴールは撤収してますがいいですか」「夕食はないかもしれません」
と確認して、後ろから照らすかもしれないなぁ。

そういいながら、今のスタッフなら待っているかもしれないなぁ。

やっぱり最後はディレクターの判断だ。(逃避)

お疲れ様でした。  夫婦岩で 西ももさんの 最終ランナー確認がなければ、もっとスイーパーは止まっていなければならず、その後とんでもない激走を強いられてました。(笑)
75キロで乗せていただいた 女性ランナーのことが、ずっと気がかりでした。  あと5キロ 一緒に歩いたほうが良かったのか?  
まだ、考えてます。 
来年も よろしくお願いします!

>ゆー さん

少しでもお力になれて良かったです。
愚娘だけでなく、別スタッフの家族も一緒に声援をしてくれました。

最後の坂を、日が暮れかけて登る参加者の想いは
僕には宝物でして、少しでも力になりたいのです。

私は回収車役ではないのですが、プレッシャーになっていたら
すみませんでした。

私事ですが、自分も年々仕事に追われてううまく時間が取れません。

落ちる体力をどう効率で補うかが課題です。

たぶん、今年は村岡エントリーすると思いますが、以前の自分にどこまで迫れるかがベンチマークです。

同じ日、一緒に、同じ空の下で、一緒に汗を流せたらいいですね。

初めまして、西もも様。

この関係車両の車に、ゴール8km前程から何度も往復して応援して
頂きました。雨の中、助手席の窓から自分の娘と同い年ぐらいの子
の応援がこんなにもうれしく元気を頂けるとは、最後まで心が折れる
こともなくゴールが出来ました。この場を借りてありがとうございました。
16:45の夫婦岩エイドから、動かない脚に鞭を打ち、18:40ゴール。

今回で3回目80kmの参加(3年前と4年前)でしたが、当時と比べて色々
忙しく年々練習量が減り、実は昨年の村岡100kmの91kmタイムアウト。
走力が落ちる一方・・・。マラソン人生の初リタイヤの精神ショック
から立ち直れてなかったのですが、

今回の80km完走は、次へのやる気につながりました。
来年は、回収車に怯えることなく明るいうちにゴール出来る様
頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/65146571

この記事へのトラックバック一覧です: 2016備中高梁吹屋ウルトラマラニック・ふれあいマラニック:

« 備中高梁歴史街道ウルトラマラニック | トップページ | takahasi »