フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 走力チェック | トップページ | Ambit2 ボタン修理完了【Ambit2 ボタン交換】 »

2016年4月17日 (日)

ミズノと野球と学校の先生

1460864029400.jpg
大阪来ていて思った。

ランニングする人間からすると、ミズノは日本人の足をよく知った会社なんだが…

別の側面から考えれば、海外展開はどうなんだろう、と。

http://toyokeizai.net/articles/-/113299?display=b

シューズのホールド感はすごくいいし、ナントカブーストしなくても立派に働く、よく研究されたソール。

本格的に走り始めた頃は必ず一足は持っていたけれども、気が付くともう何年も買っていない。

大阪マラソンみたいなサポートを常に大々的にしていないと、イケてないイメージが付いてしまうのかなぁ。

2016-2017シーズンは、久しぶりにミズノを投入してみるか!

ところで、記事内容の野球の話、確かに周囲を見ても競技人口はかなり少なくなった。

とある高校野球関係者が、「道具の値段が高く、費用がかかるので、子供たちではなくて保護者が野球を避ける」と嘆いていた。

縁日の金魚すくいを親が避けるのと似た発想かも。

でも、部活に行ってくれると親は気が楽だし悪事をするリスクもへるので、行かせたい。

その世話する中学校の先生(ほぼ強制皆担当で、休日のみ手当ては時給600円くらい)は、土日祝日がなく、朝練もあって大変。

(高校は少し違うかも)

ここら辺が、人材が集まらないので世間をお騒がせする人達が増え続ける県の原因の一つでもあるのかなぁ。

今いる大阪の教育人材不足は有名な話。

学校が荒れる、非行が多い。

給料、労働条件。

無休残業。

ブラック企業化。

分かっているから、小中学校の先生やりたがらない。

高校でも、最近採用の先生は最初から拒否権発動するラシイ。

時代は変わり続ける。


« 走力チェック | トップページ | Ambit2 ボタン修理完了【Ambit2 ボタン交換】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/65021193

この記事へのトラックバック一覧です: ミズノと野球と学校の先生:

« 走力チェック | トップページ | Ambit2 ボタン修理完了【Ambit2 ボタン交換】 »