フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 連休キャンパーは | トップページ | 道の駅あわくらんど ちょいグルメ »

2016年5月 5日 (木)

大茅オートキャンプ場(2016/05/05)

Dsc_0165

正式には

大茅オートキャンプ場
http://nishiawakura-kanko.com/leisure/leisure01.html

質素です。

スキー場に行ったことがある方は分かるでしょう。

あの、やや急傾斜の1枚バーンのゲレンデ下部にあるキャンプ場です。

電源・流し付きで4000円はまあ、普通。

Dsc_0175


立派なシャワー棟は故障中とのことです。

そのせいか・・・・・・2泊したのに・・・・・・料金が・・・・・・ムニョムニョ・・・。

有り難いですけれどね。

シャワーが使えないので、西粟倉村の黄金泉(温泉)半額券がもらえました。(でも一泊分)

ゲレンデのトイレも兼ねている休憩トイレは綺麗、管理棟には5時ごろまで管理人さんがました。

西もも@家の定番、キャンプで焚火用の薪も200円で買えました。

販売機も一台稼働中。

山菜もいっぱい採れます。

Dsc_0166

オートサイトは広い。

今は絶版のスノピ、ランドブリーズ5+レクタLを張って、車停めて、さらに焚火サイト(砂利)付き。

焚火サイトは隣サイトに近くなるので、焚火スタンドを使いましたが。

電源は15A対応です。

サイト図でいう1~4番が電源付きサイトで壱段目、それより上が普通のオートサイト(平地)。

車は横づけできますし、広さは十分。洗い場も歩いてすぐ。トイレに少しだけ遠い、ってだけです。

実はその上のキャンプサイトはこんな感じ。


Dsc_0164

ここも横づけできるし、かなり広いのでここでもいいくらい。


Dsc_0160

ここだと炊事場はここになる。ちょっといろいろ不便かな?


Dsc_0161


Dsc_0162


Dsc_0163

ほぼ県境、すぐ近くがちくさ高原スキー場ですから、涼しい。

夏はいいかも。


Dsc_0158

上段サイトはここがトイレ。


Dsc_0159

夏はこの渓流がいいぞ。

10kmほど下ると大原町。

ちょっと大きなスーパー「アイ」か「くみあいマート」。

「アイ」は肉類が外国産が多く、「クミアイ」は農協系のせいか、国産肉多し。近くに精肉店もあります。

道の駅隣にはバイキング主体の、あわくら旬の里があるので、作るのが面倒な人はここもいいかも。

ファミリーマートもあるので買い物には困らないし、もう少し南下するとホームセンターの「コメリ」がある。

小さな地元個人経営の商店も3件ほどあり、酒も買えますし、販売機も所々に点在。

野菜は間違いなく、「道の駅 あわくらんど(鳥取自動車道・国道373号線)」が安くて新鮮。

超快適なオートキャンプ場、例えば吉井竜天や恩原高原や蒜山高原と比べてはいけませんが、限りなく質素で運営もいい意味適当なので、慣れたキャンパー向けです。

ガヤガヤしていなくていいです。

西もも@はリピートOKです。

岡山市内から、山陽自動車道(岡山~備前)→2号線→上郡町から千種川北上→上月町→佐用町→作用平福ICから鳥取自動車道経由で西粟倉IC下車して大茅スキー場方面。

所要時間約2時間。(寄り道全くしなければ100分くらいでした)

帰りは山陽道使わずに、ブルーラインでしたが、ほとんど時間差なし。2時間。

無料の鳥取自動車道が便利で快適。

Dsc_0148


Dsc_0176

最後の昼ごはんは、地元ストアで買った「とち餅」(保存料無添加)を焼いて食べました。

道の駅にも売ってます、砂糖や餡子など入っていない、超素朴な田舎の味です。

« 連休キャンパーは | トップページ | 道の駅あわくらんど ちょいグルメ »

キャンピング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/65333626

この記事へのトラックバック一覧です: 大茅オートキャンプ場(2016/05/05):

« 連休キャンパーは | トップページ | 道の駅あわくらんど ちょいグルメ »