フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« リーズル 逝去 | トップページ | 少し前の記事ですが,ヘッデンって大事 »

2016年10月 5日 (水)

やっぱり,いい大会ですわ【第19回村岡ダブルフル(100k)】④

そう,あの和池名物の,おばちゃんの登場!

前掛けのポケットはいっぱいに入れた根付で膨らんでいる。

思わず・・・・


「今年も間に合ったぁ~!」

と叫んでしまう。(数量限定なのだ)

和池のおばちゃんの事を知らない人もいて,そのまま素通りしていく人もいるが,話し込んだり抱き合っている女性もいる。

西もも@はガッツリおばちゃんと握手して,心のこもったプレゼントを頂く。

「また来年も来てな!」

おばちゃんの声に元気をもらい,手作り感ある味の(笑)麦茶を頂いて,坂へと向かう。

たまらんね,この大会。

このあたりは黄金色の田圃が広がる心やすらぐエリアだ。(コースはキツイが)

市原エイドを越えたら,2年前とは少しコースが変わっていて,川沿いを一旦村岡方面へ走る。

ここは,往復で沢山のランナーに対向する部分になっている。岡山の悶スター・ランナー,ミールさんに会えた。

なんか,年々身体が引き締まっていくように見えるなぁ・・・・顔も脚も黒黒してスラットしている。カッコイイ。

巷の評判では女性ファンが多いというのも頷ける。

R9を横切っての88・100の分岐部分は以前と同じ。田圃の道と沢沿いを登って猿尾滝へ向かう。

この時点でかなり汗を出しまくっていて,湿度も高くて・・・・降る手から汗が飛び散る。

猿尾滝は名前や出身地をコールしてくれ,出迎えてくれる。

有名なそうめん流しエイドでは,今回は時間をかけて流した麺を頂いた。(実はそのあと取り損なったザルに落ちた麺も頂いた!)

ここの担当女性のうち一人は私のことを数年前から認識してくださっているようで,「西もも@さん,今年もいらっしゃい!」と声をかけてくれる。

「憶えていてくださってる?」

「覚えてますよ~!」

もうもう,たまらんね,こういうもてなし。

ほぼフル距離になる折り返し作山エイドは少し手前になっていた。

ここから分岐に戻るまでは大勢の100kランナーに対向する。自分に元気をつける意味もあるが,出来るだけ「ファイト!」「頑張りましょう!」と声をかける。シンドい部分だし,初めて100に出た人だと,ついついオーバーペースでペースダウンするあたりでもあるしね。

さあ,ここまで出来るだけ体力を温存したら,根性だめしの蘇武登りが始まる。

実は,登りよりも下りで脚を使わないことのほうが大切なんだが・・・・。

今年も歩かずに登れるかな?

麓で一回大きく深呼吸して,小さく「よし!」と自分に声して登り始める。

同じように,歩かず走って登ろうとするランナーもイッパイいる。


« リーズル 逝去 | トップページ | 少し前の記事ですが,ヘッデンって大事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/67813998

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり,いい大会ですわ【第19回村岡ダブルフル(100k)】④:

« リーズル 逝去 | トップページ | 少し前の記事ですが,ヘッデンって大事 »