フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 2017年はTOYOTAがWRC参戦ですよ! | トップページ | 適切な判断だと思う »

2016年10月22日 (土)

2016 新庄・蒜山スーパートレイル 動画

コース整備スタッフでもあり,当日はロングコースを走られた,岡山の有名アフロランナー千田さんによるウェアラブルカメラの動画。

パート①もありますので検索してみてください。

コースの雰囲気も分かるし,当日のスタッフの仕事やエイドも垣間見えますよ。

(村松さんや西もも@も写ってます)

そういえば思い出したこと。

1つめ

最高齢参加者は82才(本人は83とおっしゃっていた)の太田さん。

ミドルコース参加。

http://shinjo-hiruzen-trail.com/2016/10/03/result/

金ケ谷分岐でルートガイドしていて,お会いしてぶったまげた。

あのコース,上がってきたの?!って。

かなり軽装で登ってこられたので持ち水がほとんどなく,スタッフの持ち水を分けて差しあげた時に手が震えていたのをしっかりと覚えている。

エスケープルートもないので,コースを戻るのが最も近い・・・・という位置だったので少し心配だった。(西もも@達が車を置いた位置まで降りても,そこからまた林道が延々と・・・・・という位置)

しかし,その時の太田さん,発汗量はすごくても目力がしっかりしていて,「(道は)こっちか?」と一言発したら,すぐに若い人に混じってヤブの中を行ってしまったのだ。

村松さんと二人,ため息と感嘆のひとときだったのです。

次のエイドまでは2時間はかかっただろうから,最後まで心配だったのですが,完走はされたと知りました。

最近村松さんと話すのは,この年令とスポーツってのは,努力や才能などとは別次元で,生物としての「個体差」に大きく依存するんだろうな・・・・・ということ。

トレーニングしなくても,食事にあまり気をつけなくても,病気しない人はやはりあまり大病しない。

考えて体力つくりに励んでいても,早逝するひとはあっけないくらいすぐ。

Ed Whitlockという85歳の男性が3:56.33で走った動画がFBで今よく流れてますが,あの男性もトレーニングだけが要因ではないのでしょうね。

健康・美容・ダイエットのためのスポーツ,なんて考えないで,自分の思うようなスタイルで好きなときに好きな年齢まで汗流せたらいいのかな。

それで故障したら,そこまでの個体能力・性能なんだよね,きっと。

(ちなみに,先程の太田さん,たぶん現在もフルマラソン4時間台だと思う。ちょっとググってみた。)

2つめ。

ミドル2位の島さんて・・・・・・あの,マラニックでお話した方????

« 2017年はTOYOTAがWRC参戦ですよ! | トップページ | 適切な判断だと思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へぇ,そうなんですか。

福山に出没される方なんですね。
うちの近所の93歳アスリートも退職60歳からマスターズ
参戦スタートだし・・・・・長く続く秘訣はここらへんかもね。

私みたいな数字にこだわるタイプは,無理が祟り
故障してサッサと走らなくなり
また白デブに戻るのでしょう。(笑)

トレランなんかは「しんどいのは嫌だ」って平地ばかりに
なりそう。

階段嫌いだし。


その82歳のスーパーマンの方
退職した60から走り始められ
74歳でサブ4を達成されたそうです。
山登りは日常との事で
福山の1234階段や福山〜日差山
辺りで楽しまれておられるらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/68067495

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 新庄・蒜山スーパートレイル 動画:

« 2017年はTOYOTAがWRC参戦ですよ! | トップページ | 適切な判断だと思う »