フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« パウダー日和! | トップページ | トヨタ,参戦2戦目にして優勝! »

2017年2月14日 (火)

雪山には娘ズの笑顔がありました

Dsc_0444

気温も低くて,パウダーご馳走様!で

双子の娘達が,ハチ北北壁を父の後ろをついて滑ってきて

父は「ヒャッホー!」と思わず奇声を上げてしまい・・・・

娘ズは二人でキャッキャ言って笑ってる。

止まると40~60cmくらいは沈むのですが,それでも雪まみれで大笑いしている。

「もう一回行こう!」

って何度もライン取りを変えて楽しんだ,西もも@家でありました。

アルペンコースは全く圧雪していないので,さらに広範囲でパフパフ!

こうやって一緒に笑えるのはあと何年だろう,って思いながら

北壁を降りてくる二人を見上げた父なのでありました。

でも,下界はこの雪でして。

Tmp_1486856914834


家路につくためには大仕事が待ち構えているのです。


Tmp_1486811312221


ところで,今回は宿の主人とランニング大会の運営について夜に雑談。

かれこれ25年近い付き合いの宿のご主人は,あの人気ウルトラ大会「村岡ダブルフル」の運営を手伝っておられ,エイドで毎年活躍している。

姫ボタル・瀞川平トレイルランもポイントで誘導やエイド運営。

どういった経緯で,あの超人気ウルトラ大会が始まり,今に至るのか聞かせてもらった。

(今は数日でエントリーが埋まります)

特に,両大会の仕掛け人である田丸さんの地元への働きかけは,那岐山でのランニングイベントを願う西もも@にはとても参考になる。

キーワードは

「礼」

「人の力」

だと思う。

ただただ,「やりたい,したい」「面白い」だけでは,一部の限られた動きになる。

田丸さんはそれを見越して,しっかりと地元に働きかけを重ねてこられたのだ。

面白い話がある。

とある別団体が,自動車レース(おそらくラリーだと思われる)の話を,このエリアに最近持ち込んだそうだ。

観光協会経由で一気にトップダウンで協力要請(説明会?)がきて,地域の区長が集められたそうだ。

さすがに,安全面も含めて異論続出で,今は話が流れているそうで,

温厚なご主人も,区長としてさすがにすぐに協力する気にはなれなかったそうだ。

「やれ」ではだめで,やはり地元が「よし,そんなに熱意を持って頼むなら,面白い,やってやろうじゃないか」
にならないと,地域に根付いたイベントにはならないんですね。

田丸さんに紹介していただけるようなので,楽しみです。

ちなみに,田丸さん,参加者の名前をよく覚えているそうですよ。


村岡ダブルフルウルトラランニング(100,88,66,44km)
http://www5.nkansai.ne.jp/org/muraokaultra/

もし那岐山トレイルが開催されるなら,こんな大会になってほしいな,と願っています。

西もも@,今年は20周年記念の120kmに先行エントリーしています。500名近く応募があったそうで,宿はかなり埋まったそうです。(もちろん私も予約して帰りました)

昔100kmで4位に入った頃の脚力はないですが,戦略と粘りでまだまだ対応できると信じています。

もちろん,50歳なりに本気でトレーニングします。

« パウダー日和! | トップページ | トヨタ,参戦2戦目にして優勝! »

ウインタースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/69603038

この記事へのトラックバック一覧です: 雪山には娘ズの笑顔がありました:

« パウダー日和! | トップページ | トヨタ,参戦2戦目にして優勝! »