フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« アンヌプリ登頂成功(笑) | トップページ | 新兵器 »

2017年3月22日 (水)

ニセコアンヌプリ頂上滑走!

Dscf5138

天候があまりにもいいので,ひと言「頂上から滑ってみん?」

そしたら「行く!」でついて来た娘。

父と娘汗だくのプチ冒険が始まったのだ!

Dscf5125

アンヌプリゲレンデ最上部リフト降りて,G2ゲートから入山。

閉鎖時間にはまだまだ大丈夫なんで,余裕?

Dscf5126

こういう看板があるのは山らしいなぁ。

Dscf5127


さあ,まずはあのアンヌプリ側のピーク目指してスタートだ!

先行する男性2人のトレースを追うが,けっこうキツイ登り。登りはじめて5分も経たないうちに二人とも汗だく・・・・・・。

西もも@なんかは顔面汗が流れまくる。

斜度もけっこうあるので,気をつけながら,父がブーツのつま先で付けた踏み跡を娘が追う,という感じ。

稜線を少し蛇行しながら進む。

途中で「引き返す?」と聞くが「え~ここまで来たのに・・・・行く!」と娘のほうがノリノリ。

Dscf5130

山頂手前側のピークで一休み。ここまで約40分。

汗拭きながら,絶景に二人で感動の嵐!

Dscf5132



羊蹄山まで何も遮るものがない。

Dscf5130_2

これからあのピークに向かいます。

Dscf5135

向こうに見えるのは小樽湾。一部スキーヤーはここから北側に降りていっていますが,我が親子は慎重にピークを目指す。

Dscf5133


さあ行くぞ,ピーク!

ここからは歩くほうが不安なので,板を履いてヒラフのゲレンデ側右側斜面を滑って行きます。途中からはピステしてあるルートが出てくるので,再度板は外して歩く。

Dscf5135_2

通ってきたルートを振り返って・・・・・・


Dscf5138_2

スタートから約70分。

ついに登頂!

1308m!

本気でハイクアップでのスキーなんかは二人共初めて。

体力的にも,中学生スキーヤーがよくついてきたもんだと思うよ。


二人とも,あまりの白と碧の絶景感動のあまり言葉にならず「スゲー!」「ヤベー!」を連発しながら山頂をウロウロしてばかり・・・・・。

この親子で見た景色は一生忘れないと思う。

娘も同じこと思っていたのではないかな・・・・・。

あの蒼色は,記憶のフィルムにしか残せないなぁ。デジタルで残った色とはやっぱり違うな。

Dscf5142

山頂では英語圏の外国人がビール片手に音楽鳴らしてパーティー中。(笑)

さて,今度は帰らなくてはならない・・・・・歩いてもいいが時間もかかるので・・・・・

ここから羊蹄山めがけてダイビングスキー!

Dscf5143

斜度はかなりあるが,二人ともあまり角度は気にならない。この谷を滑ることに決定。

カリカリでないことを願う。

Dscf5147

Dscf5146

実は斜度はこんな感じ。この写真から下部分は45度ははあるので,実際下に向くと壁みたい。

Dscf5148

よくもまあ,撮影会なんかやったもんだ。

娘は携帯で写真撮って友人に見せるのか?


Img_20170320_144919

下山まで約2時間30分。

西もも@スキーヤー人生でも最高の一本でした!

一緒に行ってくれた娘にも感謝。

最高に楽しかったね!

二人でドキドキしたね

興奮したね!

またいつか,この日のことを肴に,一緒に酒飲める日がくるといいな。

« アンヌプリ登頂成功(笑) | トップページ | 新兵器 »

ウインタースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/70013782

この記事へのトラックバック一覧です: ニセコアンヌプリ頂上滑走!:

« アンヌプリ登頂成功(笑) | トップページ | 新兵器 »