フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

« 待ってました! | トップページ | 200時間 »

2017年5月15日 (月)

比叡山International Trail Run 2017 (50mileDNF)

Hieimap

要項ちゃんと読んで申し込みしなかった私が悪い!

ポチッとした気にはなんとも思わず,直前になって50mileは関門時間がとんでもなく早いことに気がついたのだ・・・・。

アホです。

Hieidata

どうやら,出場するのは本格トレイルランナーや招待選手ばかりで,西もも@なんかはお呼びでないらしい。

京都まで来てしまったので仕方ない。累積標高なども見ながら自分が走れる80kmのトレイルレースのペースで進むことにする。

このペースがまた,先行スタートの中ではほぼドンケツ(後ろは同様なオーラを感じる若い人),年齢的にも私みたいなオッサンはごく少数。

大失敗だ。

スタートして少し経ったら,後発の50km参加の若いバリバリランナーがどんどんかっ飛んで抜いていくのだが,全く気にならないというのは嘘で,邪魔になるので気がかり。(まあ,これはお互い様のスポーツなんでいいか)

オジサンの温存ペースで心拍を抑えて進まないと,最後まで持たないのは分かっているのでかなりセーブした。

最初から雨だし,噂通りのエグいコースで,前半ループの20kmの時点でかなり体力を奪われる。

それでもかなり抑えているので,疲労困憊とまではいかない。

後半ループの30kmはかなり走れる部分があって,比叡の山中や京都一周トレイル部分のキツさと対照的。

私みたいな,普段はほとんどトレイルランをしないランナーにはとても助かる部分だし,実際他の参加者より楽だったのは林道や舗装路部分だったと思う。

普段ロードで坂道走を入れているので,普通に走っても砂利道林道の下りはかなり得した感じだった。

そのままロードで終わるわけもなく,琵琶湖沿いから最後はしっかり比叡山のスタートまで登らせてもらった。

同じ時間帯でゴールした50km参加者と,「何じゃこりゃあ!」と半泣き笑いでの最後の坂道登攀でしたとさ。

80km走るつもりで前半セーブしたので,当然のことながら50kmの関門には全く間に合わず。

ペリペリとタグを剥がされて,西もも@の初比叡山トレイルはあっけなく終了したのである。

参考までに

50mileは出走93名,完走20名

2Aは3時間以内,50kmは7時間通過していないと完走出来ないようなので,西もも@レベルには全く無理。

要項ちゃんと読んで,最初から50kmにしておけばヨカッタ。

結局参考記録にしかならないし,50km走り終えても完走証も何も貰えない。

エントリーするには,それなりに普段からトレイルで鍛錬してる人や陸上経験者や実業団経験などのスピードある人でないと完走できないですね。サブスリー程度の50歳ではアカンです。

50mile要項の参加者条件は,「出てもいいよ」レベルなんで。各種レースで上位入賞経験者が適切だと思ったほうがいい。

制限時間がもっと長ければ,私でも完走はできそうですけどね。

OSJ氷ノ山山系トレイルのペースで走りましたが,これでは関門に間に合いません。

最初の渋滞の影響がないので,あくまで参考ですが,私の参考記録は

8時間31分28秒(50km)

50kmに出場していたら,完走者644人中160番前後。

DNS多かったみたいで,出走者は最終的には1000人位か。

普段あまりトレランしないオジサンにしては健闘したのではないかな?

来年はちょっと練習して,50kmに出てみよう。

最初から50km目標なら,らもう45分程度は短縮できそうだ。

かなり走り手を選ぶ,やりがいのあるコースです。

トレイルランニングではなく,トレイルレース+林道&ロードランという感じです。

制限時間が短めなんで「楽しい」という感じはないけどねぇ・・・・・。

京都一周トレイルっての眺望もよく楽しそうだけれど。

Hieialti


« 待ってました! | トップページ | 200時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/70575289

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山International Trail Run 2017 (50mileDNF):

« 待ってました! | トップページ | 200時間 »