フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

ご意見・ご感想

無料ブログはココログ

広戸仙~滝山~那岐山 三座縦走 登山&トレイルラン

実家への帰省ついでに勝北の広戸仙から那岐山まで完全縦走してみた。登山される方もだが,ランニングの一環としてチャレンジしてみようと思う方は参考にどうぞ。

僕は実家が奈義町なので,車で登山口へ行ってそこへ戻るというルートではなく,自宅発着です。縦走自体にかかる時間以外はロードですので差し引いてください。

8月16日,朝5時自宅出発。水2500cc,おにぎり2個,パワーバー1本,パワージェル3本,塩飴数個と携帯。今回から防水の945SHなので雨や汗を気にしなくていいいし,画像も綺麗に記録できる。
100816_050713

実家からR53近くの奈義現代美術館MOCAまで下り,そのまま勝北の案内看板まで移動。


100816_054744

この看板はR53からよく見える。登山口まで約6kmで案内看板はたくさんあるのでまず間違うことはない。この登山口のすぐ近くに『峠の茶屋』という地元運営の販売所があるが,どうやら開いている日の方が少ないようだ。販売機もないし,食料はR53のコンビニで入手しておくことをオススメしたい。(水道の蛇口はあったが,出るかは不明)

登山口から広戸仙まではゆるやかに蛇行しながら登るので,比較的楽。今回は登りは基本的にパワーウォーク,それ以外はランというスタイルで攻める。


100816_063428


100816_073156

途中何箇所か休憩所があるのだが,この日は雲が多くて眺望は△。気温は30+αあった日なので登山にはいいのだが。


100816_074013

広戸仙ピーク到着。登り2.7kmで45分,暑いのでかなり汗が出る。ここでおにぎり一個休憩。晴れていたら景色はかなりよさそうだが,下界の雲しか見えない。

そのまま一回下って広戸仙の周回ふるさとコースに合流。ここから右ルートで東入口にも行けるのだが,今回は直進。ふるさと登山コースは1周で6kmだそうだが,これはまたの機会に。

ここから登って滝山頂上を目指す。このあたりのトレイルにはイノシシが荒らした跡や何かの小動物の糞があり,鹿らしい足跡も散見。ペースを乱す丸太の坂も多く,かなり気温も上がってきたのでパワーウォークが多くなる。

100816_083158

滝山到着。3km所要時間50分。ここでもおにぎり休憩の大休止。天気はいいのだが下界は見えず。ベンチで寝転がっていると那岐山方面から若いご夫婦が到着。禊橋から登攀だが,奥の滝には行っておられないそうなので,水遊びもできるのでぜひ下りの寄り道をすすめる。

100816_083306

ここからは展望も開ける,僕が一番好きなトレイル部分。熊笹の中を下りも登りも気持よく走る。那岐山に来らここは絶対外せない!


100816_085319


100816_090454


100816_090507

この日はこのルートで大きな鹿に出会う。笹林にいたのだが,走って近づく人間様にビックリしてすっ飛んで逃げていった。ヘビも4~5匹見たが,走る足音が大きいのであちらさんの方から勝手に逃げてくれる。


100816_093043


100816_093142

避難小屋を経由して,お決まりの那岐山頂上。2.9kmで所要時間34分。パワーバーを一本食べて小休止。相変わらず下界は曇り。風が吹いていてかなり涼しい。携帯の電波が来ているので,電話するが繋がらないのでこのままスタート。やはりここでも山に弱いソフトバンクが露見。

AコースとBコースの分岐に来たところで手持ちの水が尽きる。予定ではそのままAコースを下山する予定だったが,Aは水場がない4km下りなので回避と判断,水場があるBを下る。実はこのBコースの下りは走って最高に楽しいトレイルなので大好きなのだ!


100816_093235


100816_094808

頂上から約400m下って最初の水場に到着。気になる人は飲まないだろうが,岩から滲みでているので僕は少し頂く。意外に思うかもしれないが,この山頂付近の水場はあまり冷たくないのだ。もう少し下の方が冷たい。

その後快調にステップを踏みながら,下りのランを堪能する。山頂から3.9km,所要時間50分(もう一回水場で水を飲む)でBCコースの分岐点に到着。途中犬連れの親子(父と小学校くらいの兄妹)と年配のご夫婦に会っただけだった。激しく滝汗の僕を見て老夫婦は『水もしたたるイイ男じゃな~』とお褒めの言葉を頂いた。Bコースは蛇渕の滝を見ながら里山を下るのだが,涼しくて最高に気持がいい。


100816_101545

今回のコースはこの看板を見ていただくと分かりやすい。左側から右側に移動して三座制覇。


100816_101756


駐車場には計10台ほど停まっていたが,道中会ったのは2組だけ。おそらくほとんどCコースを登ったのだろう。

100816_104541


100816_104407


100816_104424

毎度の那岐山麓山の駅で大休止。しっかり水分補給した。この日はいくらでも飲める飲める・・・。ここまで登山道駐車場から1.7kmで10分の下り。ここは舗装道です。

ここから自宅(実家)までは下り2kmで10分。

総走行距離30kmで所要時間6時間。最初の実家~R53~広戸仙登山口までのロード移動が1時間35分。トレイル部分は13kmで実質走行時間は3時間40分程度。休憩とトレイル前後のロード移動で2時間20分かかってます。

どこかに車を停めてそこまで戻る30kmコース。それを走り通すのに抵抗がなければ問題ないが,トレイル部分のみ楽しみたいなら広戸仙の登山口に車を置いて那岐山麓山の駅まで15kmほど走り,そこでタクシーを拾うのが疲労が少なくていいでしょう。(ここなら美味しい黒豆ソフトクリームもあるし)蛇淵の滝や菩提寺発着でないのには理由があります。

ランニングを楽しむなら,滝山~那岐山の尾根景観は必須,下るなら禊橋~滝山登山道ではなく那岐山Bコースが最高に楽しいので,ぜひ時計回りに走ることをオススメします。最初にAコース登り4kmはしんどいですし,おっまけに丸太が多くて上りも下りも走りにくいです。

元奈義町民西ももが強度別にランニング登山としてオススメするなら(①のほうが楽)

①那岐山のみ,下りはBコース
②禊橋~滝山~那岐山で下りはBコース
③広戸仙~滝山~那岐山で下りはBコース
④③で下りはAコース

ランニング登山される方はご参考にどうぞ。徒歩登山される方は参考になるサイトは沢山検索できますし,奈義町観光協会に気軽にお問い合わせ下さい。(担当は岡本さん)歩いたら一日がかりだと言われていました。


補足です。

■西もも走力はこのラン実施時点でフル3時間ちょっととお考えください。
■僕はかなり汗っかきなのですが,水は2.5Lで少し足りませんでした。この日は猛暑真っ只中,岡山市が36度まで気温上昇した日でした。夏以外なら大丈夫でしょうが,もう少し水に余裕が欲しいかった。(那岐山Aコースや広戸仙登山道には水場はありません。)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194379/36210593

この記事へのトラックバック一覧です: 広戸仙~滝山~那岐山 三座縦走 登山&トレイルラン:

コメント

この程度なら登山ラン出来るようになった自分が嬉しいです。

でも歩くのもいいんだけどね。

いやはや、なんとも言葉もありません。ただただ脱帽です。ラン後の爽快感も格別でしょうね。羨ましい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)